観光スポット

三崎・城ヶ島散策レポート 新みうら映画舎

三崎・城ヶ島散策レポート 新みうら映画舎

三崎は、映画「BECK」、ドラマ「熱海の捜査官」「タンブリング」など、
毎月数本から数十本のロケが行われています。
そのロケで使われたお宝グッズを展示しているのが「みうら映画舎」です。
故人パクヨンハの資料、芸能人のサインや映画、
ドラマで使用したセット、大道具、台本、衣装・・・。
パクヨンハの落書きまで残されています。
詳細はこちら


三崎・城ヶ島散策レポート フィッシャリーウォーフ うらり

三崎・城ヶ島散策レポート フィッシャリーウォーフ うらり

マグロをはじめ旬の魚介類や野菜などを販売する「産直センター」だけでなく、
多目的イベントスペースの「うみぎょうプレイス、研修・展示室」、
コンサートや演劇­等多目的に利用できる、
市民ホール「三浦市民ホール」などがある複合施設です。詳細はこちら


三崎・城ヶ島散策レポート ガラス工芸館 ” Kirari “

三崎・城ヶ島散策レポート ガラス工芸館 " Kirari "

キラリでは、国内外の様々な作家による
手作りのガラス工芸品の販売ををしており、
自分用からプレゼント用まで、小物から実用品まで幅広くい商品があります。
店内にてガラス工芸体験も行えるので、旅の思い出作りにもぴったりの場所です。詳細はこちら


三崎・城ヶ島観光 散策レポート 歴史コース後編

三崎・城ヶ島観光 散策レポート 歴史コース後編

今回は三浦観光ボランティアガイドの田中さんにお願いして、
下町情緒の残る三崎の歴史散策のご案内してもらいます。
後編は光念寺・本瑞寺をご案内します。詳細はこちら


三崎・城ヶ島観光 散策レポート 歴史コース前編

三崎・城ヶ島観光 散策レポート 歴史コース前編

今回は三浦観光ボランティアガイドの田中さんにお願いして、
下町情緒の残る三崎の歴史散策のご案内してもらいます。
前編は海南神社をご案内します。詳細はこちら


澤田痴陶人美術館

澤田痴陶人美術館


1997年5月、大英博物館にて「澤田痴陶人展」が開催された。
現代陶芸作品をもとめて伊万里を訪れた日本美術部長のローレン・スミス氏が
痴陶人に傾倒、大英博物館ではじめての日本人陶芸家の個展を実現させた。
「痴陶人の人間的な血の通った芸術性は、人々の心に揺さぶりをかけるだろう」
世界一の陶芸国・日本を欧州に紹介すると言うスミス氏の夢が、没後20年、
ほとんど無名の陶磁器デザイナー・絵付け師に託され、大成功をおさめた。
詳細はこちら


魚屋で買った魚介類を提携店で調理してもらおうPJ

魚屋で買った魚介類を提携店で調理してもらおうPJ


街の魚屋と料理屋とのコラボレーション­!
買った魚を指定料理屋で調理してもらって食べよう!
三浦・三崎は鮪だけでなく、伊勢海老やウニ、あわびなどは美味しいし、
アジ、鰯、鯖、たこやイカなどの近海ものも、美味い。
これら­を新鮮な状態でプロの料理人に調理してもらって食す・・・贅沢
詳細はこちら


チャッキラコ・三崎昭和館

チャッキラコ・三崎昭和館


ユネスコ無形文化遺産チャッキラコ(女孩舞蹈节 Chakkirako)
国指定重要無形民俗文化財(昭和51年5月4日指定)
チャッキラコとは、毎年1月15日の小正月に三浦市三崎の
仲崎・花暮地区や海南神社で、豊漁・豊作や商売繁盛などの祝福芸として、
女性のみで踊られる民俗芸能の一つです。
詳細はこちら


白秋記念館

白秋記念館


白秋文学の分水嶺といわれる三崎時代。
官能詩人から自然詩人への一大転機に新生の黎明光を得たという
「雲母集」「真珠抄」の世界。
「城ヶ島の雨」の人と風土の縁。
それぞれの潮目を、白秋のメッセージを主軸に構成展示しています。
詳細はこちら


みうら映画舎

みうら映画舎


三崎は、映画「BECK」、ドラマ「熱海の捜査官」「タンブリング」など、
毎月数本から数十本のロケが行われています。
そのロケで使われたお宝グッズを展示しているのが「みうら映画舎」です。
故人パクヨンハの資料、芸能人のサインや映画、ドラマで使用したセット、
大道具、台本、衣装・・・。パクヨンハの落書きまで残されています。
詳細はこちら


東京から最も近い島 城ヶ島散策コース

東京から最も近い島 城ヶ島散策コース


風光明媚(自然の景色が美しい)な三浦半島の情景を凝縮したような
景観で知られる城ヶ­島は、太平洋に面し、沖合に伊豆大島を望む。
自然がそのまま残されており、人工物とは縁の無い世界である。
自動車も近づけないため、船の航行音以外に人工音は聞こえない。
東西を結ぶハイキングコースが整備されている。
詳細はこちら


コメントは受け付けていません。